貧乏金なし学生の未来

一回り違う大学の後輩の相談を聞いてて思いました。
学生時代の貧乏ってのは妙に華があるなぁ、と。
未来が決まりきっていない不安定な状況だからこそ生まれるものでしょうね。

思い返してみると私も学生時代は貧乏がそれほどつらくありませんでした。
バイトするのが普通でしたし、働きたくないみたいなことは思わなかった。
今となっては偏屈親父一直線てな感じですが汗

その後輩は親からの仕送りがほとんどない。2万円くらいと言っていた。
平均仕送りは10万円くらいあるみたいだから、2万円では到底暮らせない。
学費は流石に親が支払ってくれているようだが、生活費は基本自分でというスタイル。

そうなるとバイトに明け暮れなきゃいけない訳だが、その後輩は勉強も頑張ってるのが偉い。
今時の学生とは思えないほど勤勉っぷり。ハードスケジュール具合が気になるが若さで乗り切ってくれるだろう。
ちょっと生真面目なとこが気になりはするが、そこは社会に出てから調整すれば良い。

未来がまだ決まっていない状況ってホント羨ましい。学生ってのはその点が最高に幸せな部分だと思う。